保育コンシェルジュ(ふくい女性活躍支援センター)

2020/08/08

入園申し込み時期に合わせて、自身に合った園選びをしよう!


育児休業から仕事復帰する方や子育てがひと段落したので求職して働きたい方など、お子さんをどの保育園・認定こども園に預けようかと考えている方が多いと思います。

入園できるのは原則、住民票がある市町の園になります。
また、どの市町でも入園できる可能性が高いのは、年度初めの4月です。4月入園の場合は利用したい年度の前年の秋頃(10月〜11月頃)に申請手続きをするようになります。



どうやって選ぶ?


園選びは大切です。希望園は3か所位考えておくことをお勧めしています。

・自宅から近い 
・勤務先から近い 
・通勤途中にある 等で選ぶことが多いですが、

加えて、「保護者の勤務体制やお子さん自身に合っているか?」も重要です。




自分の目や耳で確かめて!


どの園にも特徴があります。是非、園見学や園開放への参加をしてみましょう。
時間帯は子ども達の普段の生活や活動が見られるように平日の午前中が一番です。


チェックポイント


① 見た目だけで判断するのではなく、子ども達の安全の為にどのような配慮や工夫がされているか

② 子どもたちが生き生きとした表情で活動しているか

③ 保育士さんが子どもたちにどのように接しどのような言葉がけをしているか

④ 保育・教育に当たって園で大切にしていることは何か           

⑤ 早朝や延長保育など、利用できる保育時間は何時から何時までか


利用者負担額(保育料)は公私立共に同じですが、それ以外にかかる費用は園によって違います。

気になる方はそこもチェックしておくと良いかもしれませんね。



マナーを守って


事前に園側の都合も聞いて予約をしましょう。

見学や園開放参加の際には、余計なお喋りや写真・動画を撮ることは控えましょう。





※ふくい女性活躍支援センターでも相談を受け付けていますのでどうぞご利用ください。



■情報提供元(就職支援機関|福井県)  


ふくい女性活躍支援センター

 https://www.f-jhosei.or.jp/