人手不足業就職奨励金

2020/09/19

こんにちは!ふくいジョブステーションです。

この時期、行動範囲も狭まり、自宅にいることが多く、ご自身のこれからのことなどを考える時間が増えた方も多いのではないでしょうか。

そんな中、転職や就職を考えておられる方がいらっしゃれば、とっておきの情報をご紹介します。


今、ねらい目の業界は!!

 




新型コロナの影響で売り上げが落ち込み、なんとか頑張って経営を立て直されようとしているお店や企業があることはご存じかと思いますが、一方であまり影響を受けず、むしろ仕事があるのに人材が不足している業界もあるんです。


最近の福井県内全体の有効求人倍率は、平成29年から昨年7月ごろまでは2倍を超えていましたが、今は1.48倍(令和2年7月)と随分減少してきています。

こうした情勢でも、建設関係では労務職の方で7倍以上、技術者の方は10倍以上の高い求人倍率で推移していますし、介護関係も4倍近い倍率で、人材が求められています。

 

『人手不足業就職チャレンジ奨励金』は、こうした人手が足りない業界に、別の業界から転職等された方に対して『奨励金』が交付される制度です。



詳しい条件などは、次のとおり。

転職や就職を考えていらっしゃる方は、一度ご確認ください。




【人手不足業就職チャレンジ奨励金とは】

Q 対象となる転職先の業種は?

A 「建設業」「運輸業・郵便業」「土木建築サービス業」「老人福祉・介護事業」

「障がい者福祉事業」の5つです。

 

Q 他に条件は?

A これらの業種に、令和2年7月13日以降に正社員として採用され、3カ月以上勤務した49歳以下の方です。

 

Q 「奨励金」の金額は?

A 30万円の支給となります。ただし、申請のチャンスは1回限りです。

 

Q 申請書の受付期間は?

A 令和2年10月12日から令和3年3月31日までに申し込みが必要です。

3か月以上勤務することが条件になっていますので、令和2年12月末までに正社員として雇用される必要があります。

 

このほか、職種など対象となる要件や制度内容、申込みの手続きなどについては福井県のホームページをご確認ください。詳しいお問合わせの窓口は労働政策課です。

 

【ホームページ】

https://www.pref.fukui.lg.jp/doc/rousei/kyu-shoku/hitodebusokuchallenge.html

 

【問合わせ先】 

福井県産業労働部 

労働政策課 0776-20-0390


皆さん、この制度を活用し人手の足りない業界にチャレンジしてみてください!


  

2020年9月 

ミニジョブステーション小浜    

キャリアアドバイザー 小河知美   



■情報提供元(就職支援機関|福井県)


ふくいジョブステーション(福井県人材確保支援センター)

 https://www.fukui-jobcafe.com/